昭和のプロレス 泉州力、ストロングスタイルのど真ん中プロレス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月27日(日)『世界館ど真ん中プロレス』大阪世界館大会、試合結果

5、J2Kヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
王者=●冨宅飛駈VS挑戦者=○泉州力
(19分2秒 体固め *リキラリアット)
冨宅が20度目の防衛に失敗、泉州が第4代王者となる。

4、45分1本勝負
○グラン浜田 和田城功VS藤原卓也 滝井洋介●
(13分52秒 体固め *浜ちゃんカッター)

3、30十分1本勝負
○吹本賢児 黒影 菅原伊織VSカブキキッド ●藤澤忠伸 千葉智紹
(18分4秒 体固め *ラリアット)

2、20分1本勝負
○石倉正徳VS矢野啓太●
(10分36秒・テキサス・クローバー・ホールド)

1、20分1本勝負
○高智政光VS内田祥一●
(12分7秒ジャーマン・スークレップス・ホールド)

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 RIKI OFFICE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。