昭和のプロレス 泉州力、ストロングスタイルのど真ん中プロレス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月19日(日)18時開始 『世界館ど真ん中プロレス』 試合結果

大阪・世界館  観衆181人 (超満員)

メインイベント
シングルマッチ60分一本勝負
●泉州力 VS ○後藤達俊
(18分23秒 片エビ固め) *バックドロップ


セミファイナル
タッグマッチ45分一本勝負
○吹本賢児 黒影 VS高智政光 ●藤澤忠伸
(16分12秒 片エビ固め)
*フィッシャーマンバスター

第3試合
タッグマッチ30分一本勝負
○角英輝 田中祐樹 VS 冨宅飛駈 ●滝井洋介
(13分7秒 体固め) *顔面キック


第3試合に試合出場を予定していた菅原伊織が欠場。
角のパートナーは第1試合の内容を見て泉州が判断することに。
藤原の逆エビにギブアップした田中だが、内容が評価されて
角のパートナーに選出されました。

第2試合
シングルマッチ20分一本勝負
○内田祥一 VS ●カブキキッド 
(12分59秒、エビ固め)
*スタイルズクラッシュ

第1試合
シングルマッチ15分一本勝負
○藤原卓也 VS ●田中祐樹
(8分11秒、逆エビ固め)

次回大会

11月24日 大阪世界館

1DAYタッグトーナメント 

14時試合開始  16時試合開始

前売り 立見:3500(当日500円増) 小中学生当日1000円

お問い合わせ: RIKI OFFICE 072-952-1390

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 RIKI OFFICE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。